エヴェみたいなかっこいい重機はASTACO(アスタコ)!トミカも!世界一受けたい授業

TV

世界一受けたい授業にかっこいい重機が紹介されました。

BGMにエヴァンゲリオンの曲もかかっていて、エヴァンゲリオンみたい!と思った方もいらしたかもしれませんね!

実はガンダム好きの方が開発に携わっているんです。

今回はそんなかっこよすぎる重機のASTACO(アスタコ)について調べてみました。

スポンサーリンク

エヴェみたいなかっこいい重機のASTACO(アスタコ)

https://seizougenba.com/node/3179

アスタコはなんといってもロボットのような2本腕が特徴ですね。

こちらは日立建機の双腕仕様機「ASTACO(アスタコ)」です。

アスタコはスペイン語でザリガニという意味なんです。

たしかにハサミの部分がザリガニっぽく見えます。

この重機はつかみながら切ることや長いものを折り曲げることができるんです。

細かい作業が可能なので、建物の解体作業に使われています。

東日本大震災のガレキ処理作業でも活躍

東日本大震災のガレキ処理作業では改良版の「ASTACO NEO(アスタコ ネオ)」が活躍しました。

この「ASTACO(アスタコ)」シリーズの開発に携わったのは日立建機株式会社 広報戦略室の小俣貴之さんです。

”ガンダムやパトレイバーなど、ロボットアニメからの影響が開発に繋がっています”と語っています

2018年3月に「四脚クローラ式双腕コンセプト機」を発表されています。

日立建機フェスティバル2019 デモンストレーション

ボールをつかんで、網にいれるという細かい作業は凄いですね!

思わず歓声が上がったのも納得の動きです。

ASTACO(アスタコ)のトミカもあり

アスタコの動きをみているとかっこいいので実際に操作してみたくなりますね。

実際に見てみたいとも思いますが、なかなか機会がないかもしれないですね。

ちなみにASTACO(アスタコ)はミニカーが販売されています。


働くカッコイイ重機を手元において眺めてみてはいかがでしょうか?

おまけ

タカラトミーの公式HPにはASTACO(アスタコ)のぬりえもありました。

こちらからダウンロードできます。

ASTACO(アスタコ)ファンにはたまらないですね。

スポンサーリンク

まとめ

世界一受けたい授業で紹介されたかっこいいエヴァみたいな重機についてまとめてみました。

  • 日立建機の双腕仕様機「ASTACO(アスタコ)」
  • アスタコはスペイン語でザリガニという意味
  • つかみながら切ることや長いものを折り曲げることができる
  • 細かい作業が可能なので、建物の解体作業に使われている
  • 東日本大震災のガレキ処理作業では改良版の「ASTACO NEO(アスタコ ネオ)」が活躍
  • ガンダム好きの日立建機株式会社 広報戦略室の小俣貴之さんが開発に携わっている
  • ASTACO(アスタコ)はタカラトミーよりミニカーが販売されている
  • ASTACO(アスタコ)のぬりえもある

ASTACO(アストコ)はカッコイイ重機でしたね!

実際に動いているところも機会があればみてみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました