KREVA(クレバ)のおすすめの文房具は?マツコの知らない世界

音楽

KREVA(クレバ)さんがマツコの知らない世界に出演します。

大の文房具好きのKREVA(クレバ)さん。

過去にもおすすめの文房具について語ってくれています。

KREVA(クレバ)さんのおすすめの文房具が気になったで調べてみました。

スポンサーリンク

KREVA(クレバ)のプロフィール

  • KREVA(クレバ)
  • 別名Dr.K
  • 生年月日:1976年6月18日
  • 出身地:東京
  • 学歴:慶応義塾大学 環境情報学部卒業
  • KREVA(クレバ)さんはラッパーでシンガーソングライター。

KICK THE CAN CREWのメンバーおよびFUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員でもあります。

スポンサーリンク

KREVA(クレバ)のおすすめの文房具

娘さんと週に1回は文房具店に通うKREVAさん。

週1はかなりの頻度で通っているので、文房具への愛は相当なことがわかります!

KREVAさんのインスタにも文房具が登場しています。

昨年いただいた富士山消しゴム、今年中には素敵な富士山形になるように、たくさん歌詞を書いていきたいと思います!

引用:Instagram kreva_drk_dj908
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士山消しゴム 3色セット 赤富士&青富士&桜富士
価格:3913円(税込、送料別) (2021/8/30時点)


こちらはteam-demi(チームデミ)

本格的な7つのツールを収めた文具セットです。

はさみ、テープ、ホッチキス、カッター液体のり、定規、メジャー、SIMカード交換用ピンが、ケースに収まっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PLUS チームデミコン 30212 30212
価格:6600円(税込、送料無料) (2021/8/30時点)


2021年6月2日(水)放送の『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」ではラッパー兼音楽界の文具王とノイハウスさんに紹介されていました。

ご本人は「それやめてって、毎回言ってるんですけど(笑)」と話していた様子です。

そんなKREVA(クレバ)さんが過去におすすめした文房具を調べてみました。

サクラの「ボールサイン iD」(株式会社サクラクレパス)

サクラクレパスでおなじみの株式会社サクラクレパスの商品です。

なんと全6色の黒インキがあるんです。

KREVAさんはパープルブラックを買ったそうですよ。


uni-ball one(ユニボール ワン)(三菱鉛筆)

こちらは黒が濃いそうです。

新しいインクを開発して濃いと語っていました。


ソフティツイストノート(CUBE FIZZ)

筆記時にリングに手が当たっても気にならないソフト感覚のとじ具が手に特徴です。

手にあたっても気にならないノートです。


普段から時間があれば文房具に足を運ぶことが多いKREVAさん。

キングジムの「フラッティ」バッグインバッグも愛用しているそうで、運命の出会いを感じたとも語っていました。

「楽器でも洋服でも、この場面でこう使いたいというイメージが具体的に湧くものしか買わない。

ただ“いいな”という感覚だけでは絶対買いませんね。

それが自分の生き方、決まり。

『フラッティ』はリュックの中に入れた時のイメージが見えたんです。

いろいろなサイズがあって、どれもすごく気になったけど全部を大人買いするなんてことは絶対しない。

我慢!たくさんの色や形の中から本当に自分が欲しいひとつを選ぶのが好きですね」

引用:Pen

KREVAさんの並々ならぬこだわりの文房具は、是非使ってみたいですね!

スポンサーリンク

マツコの知らない世界にKREVA(クレバ)に出演

マツコの知らない世界に出演し、実際にお子さんと使っている文房具を紹介してくれます。

KREVAさんが文房具へのこだわりを自覚しだしたのは2015年頃からです。

お子さんが小学校に入学するタイミングで、文房具を買い揃えている時に気づいたそうです。

番組では一体どんな文房具なのか?すごく楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

KREVA(クレバ)のおすすめの文房具をまとめてみます。

  • 本格的な7つのツールを収めた文具セットteam-demi(チームデミ)
  • 全6色の黒インキがあるサクラの「ボールサイン iD」
  • 黒が濃いuni-ball one(ユニボール ワン)
  • リングに手が当たっても気にならないソフト感覚のソフティツイストノート(CUBE FIZZ)
  • キングジムの「フラッティ」バッグインバッグも愛用
  • KREVAさんが文房具へのこだわりを自覚しだしたのはお子さんが小学校に入学するタイミングで、文房具を買い揃えている時に気づいた

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました